マンション1室の相続税

相続したマンションを貸し出す時、マンションをどの程度相続しているのかで相続税が変わってきます。マンション1棟を相続しているのか?マンションの1室を相続しているのか?ここではマンションの1室を相続している場合の相続税の算出方法をご紹介させていただきます。

マンション1室を相続している場合、相続税を算出するポイントとして挙げられるのが、敷地権割合となります。マンション1棟を所有している場合よりもマンション1室を所有している場合、土地の所有権を持っているという認識がどうしても低いのですが、イメージとしてマンションの敷地を全員で共有しているイメージを持っていて下さい。

そして、マンション1室の相続税を算出する場合、土地と建物で算出した数字が相続税になるのですが、まずは土地です。土地はマンション全体の面積に路線価を掛け、その数字に敷地権割合を掛けます。ちなみに敷地権割合は登記簿謄本に記載されています。次に100%から路線価図に記載されている借地権割合に30%掛けた数字を引いて、最初に算出した数字に掛けることで土地の数字が算出できます。

次に建物ですが、固定資産税評価額というものが毎年4月に国税庁から送られてきますので、その数値に70%を掛けた数字が建物の評価額です。従って、土地の評価額と建物の評価額を合計した数字が自身の相続税となりますので、この数字を算出して、相続したマンションを貸し出した方が良いかどうかを決める基準ともなりますので、マンション1室を相続して場合はぜひ一度算出してみて下さい。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket