相続したマンションの3つの選択肢

両親が所有していたマンションを相続した際に、そのマンションをどのようにしたら良いか?と悩む方は多いかと思います。2015年に相続税の法案が改正され、今までよりも多くの方を対象に相続税を支払わなくなってしまったのですが、マンションを相続した際にそのマンションをどうするのかという選択肢は3つしかありません。一つはそのマンションに住むという選択。2つ目はそのマンションを売るという選択。そして最後はそのマンションを貸すという方法です。どの方法が最適なのかというのはそれぞれの家庭の事情で異なりますが、当サイトではこの相続したマンションを貸すとなった時にどのようなことが考えられるのか?という部分を紹介していきたいと思います。

相続したマンションを貸し出すとなった時に、入居者の募集やそのやりとり、マンションの管理などとても面倒に感じる方も少なくないと思いますが、その点はご安心していただいて大丈夫です。今はそういったマンションやアパートなどご自身で管理できない場合でも、不動産会社が一括して管理委託してくれますので、相続したマンションをお任せしてしまっても大丈夫です。反対にそのマンションをご自身で管理するのは専門的な知識や経験も必要となってきますので、現実的に考えて難しいのです。委託料金も全体の5%~10%が一般的ですので、色々な管理などの手間や面倒臭さを考えれば安い金額ですし、入居者が見つかれば何をしなくても毎月一定の収入が入ってきますので、相続したマンションを貸すことは非常に効率的であると言えます。また、その管理を委託する不動産会社も今ではインターネットを使って、一括で見積もりを取ることも可能です。一括で見積もりを取ることで返信の対応や提案、委託料金の違いなど意外と大きな差が後々に出てきますので、不動産会社を検討する際にはこの見積もりサイトを利用するようにして下さい。そして、良い不動産会社と巡り合えたら、相続したマンションを貸すという方法を考えてみても良いのではないでしょうか?

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket